スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






為替が変化すると株はこう動きます


株式投資を行なう上で外国為替市場の動きを無視することはできません。対米ドルで考えると、
円高に進む=ドル安なので、海外からの輸入品を安く輸入することができます。



そして、原油などのエネルギー関連を安く仕入れることができるので、原材料費を安く購入でき
るわけですから、輸入関連および内需関連企業は恩恵を受けることになるわけです。



こうした構図から株式の上昇が期待されます。そして、日本の基幹産業である自動車や電気
機器など輸出関連産業は、円高が進むことによって海外の取引先に割高な印象を与えます。



また、円建ての収益が減少しますので、業績悪化の可能性が高まることとなり、株価が下落
する可能性が高まりますので、この間は株取引で利益をあげにくい状態といえます。



反対に円安が進むと輸入関連や内需関連は原材料のコストがあがりますので、収益が悪化
する可能性が高まりますので、株価が下落する可能性が高まり、反対に輸出産業は円建て
の収益が改善されることとなり、株価が上昇する可能性が高まります。



こうしたことから、為替が円安や円高に動くことによって日本のすべての企業に恩恵を受けたり、
マイナス要因になったりするわけではありません。



基本的には、輸出と輸入のどちらの影響力が強いかによって、国内の株式市場全体の動向が
決まりますので、為替相場を普段からチェックすることを習慣化されると良いでしょう。






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株 株式投資

コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。