スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






株価が上下変動する仕組みについて


これほどまでに株式市場が短期間で低迷するとミニ株投資にして良か
ったと実感されている個人投資家の方も少なくないと思います。



株価が動くのは売りと買いの需給バランスによって決まるわけですが、
多くの投資家の方がこの点を無視して株を売買してしまいます。



もし、今が買いだと思った時は、同じように買だと思っている投資家が
大勢いれば株価は大きく上昇します。



一方、保有している株を売りたいと思ったときに同じように売りたいと
思う投資家が大勢いれば株価は大きく下落します。



これが需給バランスです。出来高を見れば一目瞭然です。大きく動く
ときには出来高が一気に増えます。そして徐々に勢いは小さくなるの
ですが、多くの方が継続することを妄想しがちです。



この状況は、すでに株を買いたいと思っている投資家はすでに買って
しまった後ですので、必然的に株価は下落することになります。



この仕組みを理解した上で売買するのは難しいです。特に昨今のよう
な大きく乱高下する場面では不安に思われることだと思います。



また、ミニ株投資の場合はリスクも普通株の10分の1と低いわけです
が、頻繁に売買するにはその性質上不向きです。実際に場合によって
は手数料の方が高くつく場合もあります。



ある程度コンスタントに売買を繰り返しながら損切りをしっかりと行なえ
るようになるまでにはそれ相当の時間がかかります。



損切りができることにより、リスクを限定することができます。ですので、
この状態にきたら普通株に移行するときかもしれません。






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。