スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ネット証券でミニ株取引する魅力

依然として証券会社の多くが従来通りの対面取引や電話取引などを行なっています。
しかし、ブロードバンドの普及によって、野村証券のようないわゆる大手証券会社も顧客
向けにネット取引を開始しているところも少なくありません。



そんな中でネット取引専業の証券会社がございます。上述した通り、ネット証券意外にも
大手証券会社から中堅証券にいたる大半の証券会社がネット取引もおこなってます。



ネット取引の魅力は従来の対面取引と比べ手数料が非常に安い点が最大のメリットです。
また、証券会社の窓口に直接出向いたり、電話をかけることなく自宅にいながら
に関する情報を収集し、売買注文を出せます。こうしたホームトレードを可能にしたのです。



また、外出時でも携帯電話から同様のサービスを利用出来ることが大きなアドバンテージ
として利用者に認識され、結果飛躍的にネット証券の利用者が増加しました。



小口の投資家にとって野村證券などの大手の証券会社での株取引は敷居が非常に高い
ことから利用しにくいと言われていますが、ネット取引を利用することにより、敷居は格段
と低くなるので誰でも気軽に株式投資を行うことが出来ます。



確かに従来の大手証券会社が提供するサービスで、特に証券会社の営業マンを通して
売買する場合は小口の注文は出しにくいのでためらいます。



また、投資家の要望よりも営業マンもしくは、証券会社にとって都合のよい銘柄や、金融
商品を薦められることが少なくないため、けっこう煩わしさをかんじたものでした。



しかし、ネット取引であれば、情報も自由に活用出来ますし、注文を出す場合もいくら小口
の注文でも気兼ねする事なく注文することができますのでミニ株投資も安心です。






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 野村證券

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。