スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ミニ株投資は短期売買には不向き




■思ったとおりには動いてくれない


ミニ株の場合、売買注文を出して実際に約定されるのは注文を出した翌日になりますので、
デイトレードのような短期売買には不向きですので、中長期での投資をめざします。


もっともデイトレ―ドは超短期の投資のため1ヶ月後や1年後の株価を予想するのではなく、
1分後の株価をよそうしなければならないのでそれなりに大変です。


ミニ株取引は手数料が普通株やCFDとは比較にならないほど割高です。


ある程度の利益を得るためには、それなりの期間を保有しなければなりません。


正直これも難しいです。思ったとおりには動いてくれないからです。





■ミニ株取引には危険がいっぱい?


今現在、中東や東アジアで紛争がいつおきてもおかしくない状態にあります。


欧米のメディアでは、世界経済が崩壊へと向かっているような報道がなされています。


ヨーロッパ経済はユーロ諸国が悲惨な状況にあるのですが、本当に笑えません。


常に大きく乱高下する危険性が常にあるからです。


このような状況では株価は思ったように動いてくれません。





■つねにトレンドは移り変わる


ミニ株の場合は売買できる銘柄が限られているので、特に株価上昇にともなう「売却益」
を手にするのは非常に難しいと思います。慣れるまでは苦労するでしょう。


また株を買うタイミングによっては塩漬け株となる可能性が高いので、難しいと思ったら、
迷わず見送り、再び上昇トレンドに転換するまで待つことをおススメします。


だいたい、トレンドは短くて1年くらいで、長くても2年くらいです。


日本株は安倍政権が誕生した2012年の12月くらいから上昇トレンドに入りました。


これまでかなり低迷しましたが早ければ年末にもトレンド転換します。








テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 銘柄 売却益 ミニ株

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。