スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






金利の変動による株式市場への影響


【ミニ株が分かる株式投資入門】


FOMCを控え、政策金利についていたるところで議論されており
ますが、一般的に金利と株式投資市場の関連性は高いです。



なぜなら、金利が上昇することにより、株式市場への資金の流
れが悪くなることから、市場は冷え込むこととなります。



また、その反対に金利が下がることにより、市場に資金が流れ
ることになりますので、活況となるわけです。



一般の市民が資産運用のための運用資金をどこに投資すれば
良いのか考えたさいに、金利が上昇すると銀行などの預金金利
が上昇するので、貯蓄に向かいます。



極端な例ですが、預金金利が5%に上昇している状態にある中
で、株式投資の平均実績がその5%より低いのであれば、銘柄
分析などに膨大な時間を費やして株式投資を行うよりも銀行
に預けていたほうがより確実に5%のリターンが得られます。



こうしたことを背景に、株式市場の投資資金を引き上げて預金
に回すこととなるので、株式市場は冷え込みます。



逆に金利が下がると銀行などの預金金利も下がることとなる
ので、金利が下がり預金金利が0.001%という預金しても資産
が増えないような状況にあれば、少しでも資産を殖やすことが
できるような投資商品を探します。



こうしたことから、預金を解約して投資商品に投資するので、
株式市場に資金が流入することとなるわけです。




応援クリックお願いします

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 資産運用

コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。