スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






EPSを基本に考える


【ミニ株が分かる株式投資入門】


企業の業績を調べる場合、単体でみるのも大切ですが、連結ベース
で見ることが重要です。


連結ベースで見ることによりグループ経営の内容が明らかになり、
例えば、いくら親会社の業績がよくても子会社の業績があまりよくなく、
連結で見ればボロボロでは話になりません。



こうしたことから、1株利益=連結EPSが業績を見るにあたって非常に
重要で、EPSについて簡単に知っておくべきことがございます。



まず、EPSの水準によって、株価は形成され、EPSの変化率に対して
株価は追随し、EPSの成長率により株価の水準が変化します。



例えば、EPSが100円の銘柄と1000円の銘柄が同じ株価水準であると
考えるのは難しく、まずないとみるべきです。


仮にEPSが100円の銘柄の株価が3000円であるならば、EPSが1000円の
銘柄は同じ倍率で計算した場合30000円となるわけです。


実際に、EPSにより株価水準は概ね決まりますのでPER(株価収益率)
を比較すればより明確になります。


実力以上に買われていればPERは高く、逆に実力が評価されていない
場合は、PERは低くなります。




応援クリックお願いします

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者
さまが、いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負い
ませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。