スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






特定商取引法の規制強化による影響


今後、より売り込みをかけるような手法の訪問販売、通信販売、営業手法
を行う企業にとって厳しい法令が施工されることとなりそうです。



今現在経済産業省の消費経済審議会は、商品取引市場で運用するとして
個人投資家から証拠金を集める証拠金(保証金)取引などの問題が深刻化
しているもようです。



それ以外にも、みそ、しょうゆなどの調味料の訪問販売および通信販売
などを特定商取引法の規制対象に加える答申案をまとめたことが読売
新聞の記事で明らかになりました。



経産省は関連政令を改正を進め、7月中旬ごろの実施を目指すとしております。



仮に規制対象となったばあいは、消費者はクーリングオフができるようになり、
業者は契約書面の交付などが義務付けられます。



このため、もし違反するようなことが消費者側などの訴えにより発覚した場合は
即刻業務停止命令などの行政処分が科されることとなります。



経産省によると、昨年秋から、商品先物取引市場で取引を行ったことの無い高齢
者をターゲットに証拠金取引を勧め、多額の損失を被る事例が相次いでいます。



こうした問題が国民生活センターには、契約した数日後に、『損が出た』として
数百万円の追加保証金を払わされた」などの苦情が殺到しているようです。



答申案では、証拠金を預かる現物取引、先物取引、指数先物取引、オプション
取引を新たに規制対象とすることが盛り込まれております。



より、利用者保護の法令が施工されることを期待します。




「以下の記事より引用」


(読売新聞)

『みそ、しょうゆの通信・訪問販売も…特定商取引法の規制案』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000112-yom-bus_all


※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株投資の基本が分かるミニ株投資入門トップへ






コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。