スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






薄型テレビ価格競争激化


薄型テレビ需要が業界内で競いあうことで拡大する中、低価格を売り物に、
市場に参入する、いわゆる名の知れない中堅メーカーやベンチャーが目立
つようになってまいりました。



また、ハイビジョン映像(HD)を表示するフルHD対応機種も、非常にいい
値ごろ感のある製品を市場に供給していることから、今後ますます、消費者
にとって、いい意味での選択肢が広がりそうです。



03年に創業したベンチャー企業の「バイ・デザイン」(東京都)は、液晶テレビ
を中心に15~47型の製品を扱います。



2年前に液晶テレビに参入を果たした通信機器メーカー、ユニデンでは20~42
型の5サイズを取り揃えております。



中でも37型は19万円で、1インチ当たり約5000円と非常に割安となってます。



ユニデンは消費者から、直接ネットや電話で注文を受けることで、製品を直送
する、いわゆる直販システムを採用しています。



このため、コスト高の要因となる流通経路をはぶき、中間マージンを排除する
ことに成功しながら、格安で消費者に提供するも利益を確保できます。



裏番組を表示する「2画面表示」など、一般消費者は使わない余計な機能を
省くことで極力価格を抑えることに成功しました。



船井電機は昨夏、過去に一度撤退した液晶テレビに20型と32型を発売し、
家電量販店最大手のヤマダ電機と提携することで、32型を12万~13万円
で販売する予定です。



今後、より一層激しい価格競争が展開されること予想されます。





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株投資の基本が分かるミニ株投資入門トップへ






コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。