スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






一時1万8300円台を回復


『<東証株価>一時1万8300円台を回復』


この動きをどう読めば良いのですかね。


今の時期各企業の決算発表で盛り上がるのですが、今年は決算よりも、企業の
不正が明るみになる方がメディアに取り上げる機会が断然多いです。


なので、この動きは格言通り彼岸までの推移して、その後はまた調整期間に
入るのでしょうか?こういうときは、余程の悪材料がない限りはだまっていて
も上昇して行きますからね。


まぁ、とりあえずしっかりと引き際を見極めたいと思います。




<以下記事一部引用>

(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000035-mai-bus_all


26日の東京株式市場は、景気拡大が続くとの見方から日経平均株価は
3営業日続伸し、一時、前週末終値比111円97銭高の1万8300円
39銭まで値を上げた。


取引時間中に1万8300円台を回復したのは、00年5月8日以来、
約6年9カ月ぶり。


役立つ株式投資情報満載のサイトはこちら

世界が一瞬で分かるニュースサイトはこちら





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株投資の基本が分かるミニ株投資塾トップへ






コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。