スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






定期預金より良いミニ株の配当利回り

株の配当によって得られる利益をインカムゲインといいます。配当金を
もらうことを楽しみに、株式投資を行っている人も多いです。


ちなみにミニ株投資でも配当金は支給されますが、分割されますので、
普通株に投資した場合よりも若干少なめに支給されます。



配当は企業は、その年の当期未処分利益(最終利益=税引後利益)を
役員報酬や株主への利益還元(配当)なとに使っております。なので、
業績が好調で、最終利益が多い会社ほど、配当金が多くなります。



それとは逆に、業績が不振で、尚かつ赤字が続いているにも関わらず、
配当を出し続けている会社がございます。



こういった会社は法定準備金(利益準備金、資本準備金 )、任意積立金
などの余剰金をたくさん持っている財務内容の良い会社です。



こういった会社は、業績が悪くとも、余剰金の一部を取り崩すことにより、
配当を続けることが可能となっていまう。



そして、配当目的で株式投資を行う場合に、投資判断を下す為の指標
として用いられるのが配当利回りです。



配当利回りは、投資した資金に対して、一年間の配当金がどの程度得
られるかをパーセントにしたものです。


一株当たり年間配当金÷株価×100=配当利回りで計算します。



基本的に株式投資では値下がりリスクがあるため、昔の配当利回りは
銀行の定期預金より高めに設定されているのが普通でした。



しかし、外国人投資家が日本株を積極的に買うようになり、成長株理論
(利益成長の高い銘柄は、PERが高くても買ってよい)という考え方が
定着することで、市場全体が変わり始めました。



その結果、株価が急上昇したので、配当利回りが一時的に定期預金の
金利を大きく下回りました。その後、バブル経済が崩壊し、深刻な不況
が続くと、利回り革命の逆転現象が起きることになったのです。



ここにきて再び超低金利時代が到来し、定期預金の金利がゼロに近づ
く一方で、株価がピーク時3分の1程度まで値下がりしため、配当利回
りが上昇し、定期預金の金利を大幅に上回るようになりました。






tag : 外国人投資家

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。