スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






証券口座を開設する


証券会社によって、ミニ株の対象となる銘柄数や売買委託手数料、
保護預料などが異なっています。


ミニ株のたいしょうとなる銘柄数は多ければ多いほど、選択肢が広がります。


この証券総合口座をすでに開設しているのであれば、新たにミニ株投資専用の
口座を開設する必要はございません。ミニ株投資も出来るようになっています。


口座(証券総合口座)を開設していない証券会社でミニ株投資を始める場合は、
まず最初に口座を開設する必要がございます。


ミニ株投資を目的に口座を開設するのであれば、できるだけ手数料が安くしかも、
保護預かり料・口座管理料などが、無料のところがよいかと思います。


少ない資金を運用するのに、保護預かり料及び口座管理料に年間数千円も支払った
のでは、その分だけ運用利回りが低下するからです。


口座開設は、電話で申し込む事ができます。ただし、すぐに口座を開設して、
明日からでもミニ株投資をはじめたいと希望される方は、証券会社の本店、
もしくは支店まで足を運んで申し込みます。


電話やインターネットで申し込む場合は、必要な書類を送ってもらい、それに
必要事項を記入し、捺印した上で、身分を証明する書類(運転免許証、住民票、
パスポートなど)のコピーを同封して証券会社に郵送します。


例えば、インターネットを利用して口座を開設する場合は、以下のような
手順で手続きをおこないます。


まず、口座を開設したい証券会社のウェブサイトにアクセスして、口座開設の
申し込み方法を調べます。


そして、次に画面の指示に従い口座開設の登録をおこないます。


登録しておけば、数日後に証券会社から口座開設に必要な書類一式(証券総合
取引口座申込書)上場株式等に関わる譲渡所得申請書、約款、取引規定、ネット
取引の利用手続きなど)が送られてきます。


これらの書類は、電話で申し込んでも同じものが送られてきます。


必要書類に必要事項を記入・捺印した上で、本人確認の書類(運転免許書、住民票、
健康保険証、国民年金手帳、印鑑証明書など、いずれかのコピー)を返信用の封筒
にいれて、返送します。


そして、必要書類の中には、口座開設者の名前や生年月日、住所、職業だけでなく、
年収や、資産、運用金額等、データーを記入する項目もございますが、年収、資産、
運用金額を知られたくない場合は、記入しなくても大丈夫なようです。


これらの情報は、証券会社の営業活動に役立たせる為に必要とする情報なので、
利用者の口座開設に不可欠な情報ではございません。


書類を受け取った証券会社は、書類の不備、記入漏れなどがないことを確認した
上で、口座が開設されたこと、取引に必要な「ログインID」や、「ログイン
パスワード」などを郵送で顧客に通知します。


書類を郵送した後、証券会社から口座を開設したとの知らせ、パスワードなどが、
郵送されるまでに約1~2週間程度かかるのが一般的なようです。


顧客は、ログインIDや、ログインパスワードを入力することによって、株式の売買
をいつでも自由にはじめることができます。


役立つ株式投資情報満載のサイトはこちら

世界が一瞬で分かるニュースサイトはこちら





※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる
損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株投資の基本が分かるミニ株投資塾トップへ






コメントの投稿

Secre

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。