スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






円高が進むと株で儲けるのが難しい理由



ミニ株銘柄の大半は主力銘柄が中心となっています。


そして、主力銘柄の大半が輸出に占める割合が高い企業が圧倒的に多いです。


ご存知の通り、長期的なドル安・円高状態が続いています。


アメリカは60兆円規模の量的緩和(お金をジャブジャブ流す)を行いますので、必然的に今後も
ドル安がさらに進むことになりますので、日本企業には大打撃です。



すでに80円を割れる寸前にありますが、来年の6月頃には60円台に突入しているかもしれないと、
予想する声すらチラホラ聞こえ始めています。


そうなると、当然のことながら業績悪化することになりますので、株は売られることになります。


ミニ株の場合は空売りができませんので、売りで儲けることはできません。


株を買って株価が上がるのをひたすら待ち続けなければなりません。


普通株であれば短期売買で自ら株価変動の流れに乗って売り買いを積極的に仕掛けることも
できますがので、ミニ株の場合は手数料が株価に対して割高です。


また、今日注文入れて約定するのが明日の午前中ですので、あくまでも受身です。


よほど効率よく取引しないと現状では、ミニ株で利益をあげるのは困難といわざるえません。








スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株 株式投資

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。