スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ミニ株は中長期で保有するのが一番


ミニ株投資は中長期での保有が基本となっております。といい
ますのも、ミニ株は短期売買にてきしおりませんし、普通株の
ようにリアルタイムでの売買ができません。


ですので、購入したら余程株価が上昇しない限り売りません。


一時的に上昇が収まって下落した場合は買い戻します。


中長期で株価を保有することのメリットは、ニュースなどをみて
も動揺することが極端に少なく、株価の変動もあまり気になら
ないので精神衛生的に落ち着いていられます。


これが、普通株への投資となると、当資金が大きく流動性が
高い分、ほんの些細な株価の変動もきになってしまいます。



また、人によっては、夜も眠れず、仕事に差し支える場合も少な
くないので、大きなストレスとなります。



毎日習慣のように株価をみることによって、上がった下がったと
一喜一憂することとなり、精神衛生的にあまりよくありません。



時間が大きく取られることとなるので株式投資を本業にしている
方はよいでしょうが、本業が他にある場合、仕事になりません。



一時期、デイトレードがメディアでもてはやされていた頃、しきり
に短期売買を推奨していましたが、今ではだいぶ落ち着きました。



短期売買で、確実に利益をあげるには、パソコンの前に一日中、
張り付いて株価の動きを監視するように追わなければなりません。



投資法は人それぞれですが、ミニ株投資は、のんびりゆったり
預貯金感覚で行うのであれば、中長期保有が一番です。


【格安手数料】 マネックス証券でミニ株投資をはじめる!



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株投資 デイトレード 短期売買

信用取引きの売りと買いの残高に注意


業績が好調で、好材料を抱えている人気銘柄は、信用取引き
で買い残が売り残を大きく上回っているのが普通です。



しかし、信用取引きで買い残が大きくなると、将来的には値動
きが重くなり、株価上昇が期待しにくくなります。



と、いいますのも、信用取引きは原則として6ヶ月以内に反対
売買して決済しなければならないからです。



反対売買とはカラ買いした人は売り、カラ売りした人は買い戻
すということを意味しております。



逆に、信用取引きの売り残が多い銘柄は、6ヶ月以内に買戻し
の注文が急増するということを意味します。



そこで信用取引の買い残・売り残だけに注目してみれば、買い
残が売り残をお大きく上回っている銘柄は、値上がりが期待し
にくく、売り残が多い銘柄の方がむしろ値上がりが期待出来る
ということになるわけです。



売り残が多い銘柄とは悪材料を抱えている銘柄、あるいは業績
が好調で、好材料を抱えていても人気がすでに過熱してます。



ですので、株価がその銘柄の実体価値を大きく上回ると考えら
れる銘柄や、または強気と弱気の見方が対立している状態に
ある銘柄などに多くみられます。



買い残と売り残の両方が大きく膨らんで対立している銘柄は、
仕手筋が介入して、仕手株となります。


場合によっては異常な高値をつける場合もございます。


【格安手数料】 マネックス証券でミニ株投資をはじめる!



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 信用取引 買い残 売り残

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。