スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






株式市場の情報に振り回されない


【ミニ株が分かる株式投資入門】



一度、相場に入りますと、慣れないうちは大きく迷わされること
となり、株価の動きがきになってしかたありません。



上がると大喜びして、下がるとその分大きく落ち込むことを繰り
返すこととなり、精神的にだんだん不安に追い込まれます。



株式投資に限らず、自分の意志にもとづいて何かを行なう場合
は、すべて自分で責任を負わなければなりません。



当然といえば、当然なのですが、あまりにも不安が生じてくると
誰かのせいにしたり、政府や中銀の要人のせいにしたくなります。



株式相場では相手を出し抜く世界と思われるかもしれませんが、
実際には、そんことはなく、どれだけ自分の下した投資判断を
忠実に実行できるかにあると思っております。



テクニカル分析を駆使し、地合いも悪くないので、買いではない
か?と、思っても、別の考えが浮かんでくることで、大きく時間を
ロスし、勝機を逃がしてしまった。


また、自分が売りたいと思った場合も同様です。


こうならないためにも、資金配分、リスク管理、売買ルールが、
重要視されることとなります。



また、ミニ株であれば、リスクが低いことから、ミニ株で、売買
を繰り返しながら相場勘を身につけるのも良いかもしれません。




応援クリックお願いします

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : テクニカル分析

金利の変動による株式市場への影響


【ミニ株が分かる株式投資入門】


FOMCを控え、政策金利についていたるところで議論されており
ますが、一般的に金利と株式投資市場の関連性は高いです。



なぜなら、金利が上昇することにより、株式市場への資金の流
れが悪くなることから、市場は冷え込むこととなります。



また、その反対に金利が下がることにより、市場に資金が流れ
ることになりますので、活況となるわけです。



一般の市民が資産運用のための運用資金をどこに投資すれば
良いのか考えたさいに、金利が上昇すると銀行などの預金金利
が上昇するので、貯蓄に向かいます。



極端な例ですが、預金金利が5%に上昇している状態にある中
で、株式投資の平均実績がその5%より低いのであれば、銘柄
分析などに膨大な時間を費やして株式投資を行うよりも銀行
に預けていたほうがより確実に5%のリターンが得られます。



こうしたことを背景に、株式市場の投資資金を引き上げて預金
に回すこととなるので、株式市場は冷え込みます。



逆に金利が下がると銀行などの預金金利も下がることとなる
ので、金利が下がり預金金利が0.001%という預金しても資産
が増えないような状況にあれば、少しでも資産を殖やすことが
できるような投資商品を探します。



こうしたことから、預金を解約して投資商品に投資するので、
株式市場に資金が流入することとなるわけです。




応援クリックお願いします

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 資産運用

株式投資はしばらく見送るべき理由


残念ながら今現在世界的に金融恐慌の波が押し寄せようとしている状況にありますので、とても株式
投資をオススメできるような状態にありません。ミニ株といえども同様です。


ミニ株投資に回せる資金があるのであれば是非食料を備蓄されるための費用に回してください。3食
食べられることを考えているのであれば最低でも2~3ヶ月分は備蓄されることをオススメします。


世界中の国々で自国の分を確保するために食料やエネルギーの輸出を制限しています。ですので、
今後物が入ってこない可能性が高いです。自給率が低い日本ではデフレにありながら物価が一気
に上昇し、スタグフレーションになる可能性が高いので注意してください。






証券取引所とは?


【ミニ株が分かる株式投資入門】


証券取引所(しょうけんとりひきじょ)
は、株式の売買が行なわれ
る場所で、個人投資家が直接売買することはできません。



取引所会員である証券会社からのみ購入することができます。


また、株式以外にも債券や、J-REIT、株価指数の先物および
オプションなど、幅広い金融商品が取引されています。



上述した金融商品の売買を証券取引所に集中させることにより、
円滑な流通および公正な価格形成を目的としています。



こうしたことから証券取引所は、その機能を安定かつ継続的に
提供する役目を担っております。


証券取引所の歴史は古く、これまでで、もっとも古いのは、17
世紀に設立されたオランダのアムステルダム取引所です。



一方、日本国内では、明治11年に東京、大阪に株式取引所が
開設されることとなりました。



そして、第2次大戦後は証券会社が会員となる会員組織に法が
改正されることとなり、経済の発達とともに証券取引所も独自の
サービスを展開する自由競争が求められるようになりました。



こうしたことにより、世界の流れに従う形で東京証券取引所(東証)、
大阪証券取引所(大証)、ジャスダック市場が2001年に相次いで
株式会社化されることとなりました。




応援クリックお願いします

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。