スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






富裕層向け商品拡大へ


J-CASTニュースの記事によりますと、信販大手の三菱UFJ
ニコスやセントラルファイナンスがクレジットカード業務をテコ
に収益拡大を狙っていることが明らかになりました。



今現在、信販業界は割賦販売法の改正案の影響をもろに受
けており、厳しい経営環境にさらされております。



事実、これまでの収益の柱とされていた分割払いの取り扱い
が先細りしたことにより、収益の柱として育ちかけた消費者
ローンも頭打ちになっております。



こうしたことから、クレジットカード事業に活路を見出すことと
なり、これまでのカードサービスでは物足りない富裕層にター
ゲットととした戦略をセントラルファイナンスは打ち立てました。



07年12月10日から、CF Card GOLDの取り扱いを開始して
おりまして、ゴールドカードの発行することとなった経緯として、
お客様の声に応える形で実現することとなりました。



一方、三菱UFJニコスは、HSBCが傘下の香港上海銀行を通
じて取り扱うHSBCプレミア・クレジットカードの、カードの発券
をはじめとした業務を受託しております。



また、多様化する支払い方法にも対応するため、最近はJR東
日本の Suicaなどの電子マネーと組むケースも出ております。



今後、こうした生き残りをかけた競争も激しさを増し、一時期の
メガバンク同士の合併が活発化されたように信販業界でも同様
な動きがみられることになるかもしれません。








スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

楽天の野球協約違反拡大




なかな、相思相愛とはいかないようです。


読売新聞の本日の記事によりますと、今現在TBSは、「横浜ベイスターズ」を
所有しており、一方、楽天は、東北楽天ゴールデンイーグルス」を所有しています。


先日、楽天は今後TBS株を20%ラインを超えるていどまでTBS株を買い増しする
ことを示唆する発言が飛び出しました。


これを受けてTBS側は、楽天が、20%超まで買い増した場合、同一企業が複数球団
の株式保有を禁じている野球協約に違反していることを指摘した見解を、文章で楽天
側に伝える方針にあることを明らかにしました。


TBS側は、日本プロ野球組織(NPB)に対し、楽天に制裁を課すよう求める可能性
もあるとしております。


ミニ株投資を行う上で、ミニ株は、短期で売買を繰り返しても、旨味がありません。


ですので、ミニ株投資の場合ある程度、長い期間保有したほうがよい場合が多いの
ですが、上述した記事のように、あまり好ましくない材料が出てしまった場合は
速やかにポジションを整理した方が良いかと思います。

 

「以下の記事より引用」



(読売新聞)

『「楽天の野球協約違反拡大」…株買い増しならTBS通告へ』






トヨタ自動車、世界1へ前進


国内自動車メーカー8社は、一斉に06年度の生産・販売実績を発表いたしました。


トヨタ自動車はついに07年1~3月期の世界販売台数で米ゼネラル・モーターズを
抜きさり、四半期ベースで創業以来初の世界首位となりました。


また、年度全体の実績におきましても、北米を筆頭に、欧州、中国での海外販売
がいずれも2けたの伸びをしめすこととなりました。


好調な海外事業が業績拡大をけん引し、トヨタ自動車のグループ全体の世界販売
台数は同年度900万6000台(前年度比9%増)と初めて900万台を超えました。


しかし、海外が好調な反面、国内販売は乗用車市場が低迷していることを背景に
前年度比5.4%減と振るわず、結果2年連続で前年実績を下回りました。


ただ、新車投入を積極的に続けたこと功を奏し、軽自動車を除く乗用車の新車販売
シェアは45.8%と前年度より1.41ポイント上がりました。


これにより過去最高を記録し、トヨタ自動車は国内市場での存在感はより一層高ま
る格好となったもようです。




「以下の記事より引用」




(毎日新聞)

『<自動車>好調ぶり際立つトヨタ、海外がけん引 06年度』






テーマ : 注目銘柄
ジャンル : 株式・投資・マネー

出来高で銘柄を見極める



個別銘柄の出来高に注目していると、買い時と売り時がわかります。


そこで、業績などのファンダメンタルズよりもっぱら出来高に注目して、
株式投資を行っている人達もいます。


出来高と株価には次のような関係がございます。


人気がない銘柄は出来高も少なく、株価も低迷していますが、そういう
状態にある銘柄が人気が出始めますと、まず出来高が増え始めます。


その後、株価が上昇に転じます。


株価が上昇すると、売買いが増えるため、出来高も大きく増加します。


出来高はいわゆる人気のバロメーター的役割を果たします。


そして、人気が出ればでるほど株価は上昇し、株価が上昇すればする
ほど、人気が高くなります。


しかし、株価がその銘柄の実態価値を大きく上回って上昇すると、やがて
投資家の間に高値に対する警戒感が強くなり、買いが減少します。


売りたい人が増えても買いたい人が少なければ、売買は成立しなくなります。


そうしたことから、出来高が減っていきます。


裏を返せば、出来高が減りはじめるということは、買いたいという投資家が
減っているということを意味しています。


出来高が減り始めると、やがて株価も値下がりに転じます。


このように出来高が減り始めると、やがて株価も値下がりに転じるようになり、
このように出来高は株価に先行して動く習性がございます。


そこで、出来高が急に増え始めた時に株式を買い、出来高が大きく増えて株価が
大きく値上がりしたあと、出来高が急に減り始めた時に、株式を売って、利ザヤ
を稼ぐという投資法が成り立ちます。


この投資法を実践するためには、値動きの活溌な特定の銘柄に注目してその会社
の業績、財務内容、材料、株価の特徴などを徹底的に調べた上で、出来高と株価
の変化をチェックします。


そして、出来高と株価の関係をよくよく理解した上で実践すると、儲かる確率を
高めることができます。




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、いかなる損害
を受けた場合も、当方では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。


ミニ株投資の基本が分かるミニ株投資塾トップへ






金融庁プロの為の市場を設立




『金融庁プロの為の新市場を設立へ』



毎日新聞の記事によりますと、 金融庁があらたに、機関投資家やファンドマネジャー
ら、プロの投資家のみが参加できる市場を早ければ、来年中にも設立する構えで
あることがあきらかになりました。


一般市場にはながれない社債や、デリバティブを取り入れた投資信託など、一般
投資家には複雑な金融商品を専門に投資家と販売する側とで多様な取引きが行える
機会を提供し、市場の活性化につなげるとしております。


市場に上場していない銀行が持つ貸出債権、投資ファンドの配当を受ける権利なども
売買することが構想に入っているようです。


こうした、従来では考えられない、自由取引が行えることを前面に強調し、国内外から
投資家を呼び込む狙いがあるもようです。



新市場は参加者をプロの投資家に限るとしていますので、基本的には一般の投資家は
参加することができません。


しかし、投資信託運用会社など機関投資家のほか、販売業者に申し出て、知識、財産な
どから認められれば、プロ投資家として扱われるようです。



今回発表された新市場プランで、金融庁は新たに魅力溢れる金融商品が開発されたり、
非上場企業の資金調達の場が広がるほか、国内投資家が投資の腕を磨くことができる
と、期待しているもようです。





ご覧頂きまして誠にありがとうございます。








「以下の記事より引用」







(毎日新聞)

『<金融庁>「投資のプロ」向け新証券市場の創設検討』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000003-mai-bus_all






東京スター銀行の株式売買を一時停止




<東京スター銀行の株式売買を一時停止>



ロイター通信の記事によりますと、東京証券取引所は、東京スター銀行
の株式売買を一時停止したもようです。


一連の、公開買付けなどに関する報道の真偽の確認のためとしており、
取引の再開などに関しては今のところ明らかにされておりません。





「以下の記事より引用」


(ロイター)

『東京スター銀行の株式売買を一時停止=東証』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000837-reu-bus_all






ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。