スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






大相場と大暴落での注意点について


好景気のあとは不況があるように、相場でも相場が大きくなればなるほど、その後の反動で大暴落を
迎える可能性が高まります。 ですので、万一に備えてしっかりと適切な判断が下せるように日頃から
注意しなければなりません。日本の株式市場の大底と判断するための要点は以下の通りです。



●天井の3分の1、4分の1以下に値下がりした銘柄が多い。


●一日の出来高が3億株前後と低迷した状態。


●証券会社の大半が赤字でリストラを行っている。


●政府の景気対策も回復する兆しが見えない。


●金利が過去最低水準まで低い状態に下がる。


●日銀の金融緩和策に株式市場が無反応。


●政府・日銀が公的資金を使って株価を下支えする。


●証券税制の見通しなど、株価対策が打ち出される。


●株式投資から撤退する日本の機関投資家が増加。


●外国人投資家が日本株を買い越す。



ミニ株投資に限らず投資で大きな損を被ってしまうのは、下落基調にあるものを上昇すると信じて購入
してしまうからです。 しかも失敗を認めることと、損失を確定することができません。


こうしたことからかえって損失を拡大することになってしまうのです。 こうした事態を避けるためにも、
上述したことを頭の片隅にでも入れて、しっかりと銘柄の状態を把握する必要があります。


株式市場が大きく低迷するとメディアでは、絶好の投資機会到来とばかりに煽りますが、来年以降は
株などに投資するのは控えるべきです。特にミニ株は短期売買には適していないのでなおさらです。


デイトレーダーのような相場の動きを追いかけながら取引し、なおかつ利益をあげることができる自信
があれば良いのでしょうが、そのレベルに達するには相当のスキルが必要です。身につけるまでには
相当 の資金が必要となりますので、投機的な売買はオススメできません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株 株式投資

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。