スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ミニ株投資もチャート分析が必要




いくらミニ株が小額から投資ができるからといって気軽に投資しすぎるのは危険です。


確かにミニ株はリスクが非常に低いです。しかし、、書籍やマネー雑誌などの特集記事で
紹介されていた推奨銘柄を何も調べずに購入してしまうのは非常に危険です。

【PR】 株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



普通株を「投資」する場合であれば、チャート分析をはじめとしたテクニカル分析で、
その銘柄の株価がどのように推移しているか知る必要があります。



テクニカル分析とはいっても、プロのように複数のテクニカル指標を用いて複雑な分析を
行なう必要はまったくありません。逆に取引そのものを難しくしてしまいます。


実際に、チャート分析はできるだけシンプルに行なった方が良いでしょう。


基本的にミニ株を含めて株式投資は株価が上がるか下がるかを予想しながら投資するので、
残念ながら入念に分析をしたからといって必ずしも当たるわけではありません。

1万円からできる「ミニ株」投資運用術



また、一般の投資家の方が必要以上に分析しようとするのも危険です。


ミニ株の取引そのものが複雑になりすぎてかえって投資判断がおかしくなります。


それよりも、シンプルにチャート分析をしっかりと行なった上ですでに「買いパターン」
に入っている銘柄を購入すべきなのです。取引そのものが楽になります。



そして、チャート分析を行なう上で注意しなければならないのは、決して株価を予想して
はならないという点があげられます。これが投資家をおかしくします。


株価を予想しようとすると、視野が狭くなってしまう傾向が強いです。


利益を確定するタイミングを逃してしまう原因になります。


ですので、チャート分析を行なう場合は、その銘柄の株価が上昇局面にあるのか下降局面
にあるのかを測るだけに留めるべきです。それ以上のことは必要ありません。








スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株 株式投資

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。