スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ミニ株で個別銘柄を選ぶポイント!


リスクの低いとされるミニ株ですが、実際に投資する上で相場の動きを無視することはできま
せん。相場には大きく分けて、二種類の相場がございます。



一つは株式市場全体、もう一つは個別銘柄です。相場(株価)が今後どうなるかを予想する
ためには、この2つの相場を的確に予想することが必要です。そして、株式市場の相場全体
が上昇しているときでも、悪材料が出た会社の株式は値下がりします。



しかし、同じような悪材料が出たとしても、相場全体が上昇している時には下げ幅が小さく
なり、相場全体が下落している時には下げ幅が大きくなります。



逆に、相場全体が下げ基調にあるときには、個別企業に好材料がでても、上げ幅は小さく
なり、下手すれば好材料が出ても値下がりすることも多々あります。



また、相場全体が下げ基調にあるときでも、個別企業の多くに好材料が続出して、株価が
上昇すると、市場に活気が出てきます。そして、相場全体が上昇に転じることもあります。



このように、個別銘柄の相場が市場全体の相場に大きく左右されるだけでなく、市場全体の
相場も個別企業の相場に少なからず影響を受けます。最後に、簡単な相場の予想について
ですが、全体相場の場合は、景気に大きく影響されます。



これに対して個別銘柄の相場は業績や財務内容、材料が、市場の人気化のテーマに沿って
いるかによって左右されますので、この点をしっかりと踏まえて銘柄を選ぶと良いでしょう。



もし、ミニ株の場合は数に限りがあるので、これだと思う銘柄が無いのであれば、無理に投資
する必要はありません。無理に投資すれば損失を拡大するだけです。心から投資したいと思
える銘柄が登場するまで気長に待つことをおすすめします。






スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ミニ株 銘柄 相場

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。