スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






下落局面ではミニ株投資は不向き


ミニ株の場合、暴落局面での投資はできる限り控える必要
があります。何といってもミニ株の場合少ない資金で購入
できるとはいってもその分利益も小さいわけです。



なので、暴落を繰り返している状態では仮に損切したくても
実際に約定されるのは翌日以降です。



ですので、予想をさらに上回って損失を拡大する可能性が
あるので、できることなら様子見に徹するべきです。



また、もう一つ注意点としてあげられるのが、ここまで下が
ったからそろそろ上がるだろうと思って何も考えずに買って
しまうことだけは避けましょう。



さらに下値を模索するように下落する場合もありますので、
この場合もミニ株の仕組みとして仕方がないのですが、思
惑がはずれたからといってすぐに損切ができません。



同じように損失を拡大する可能性があります。こうした事
態をさけるためにも、しっかりと上昇局面に転換したこと
を確認してからミニ株へ投資すべきです。



ミニ株への投資は、基本的には中長期で短期には向いて
いません。できないこともないのですが売買手数料が割高
なので、それを超える利益が必要となります。



ですので、ミニ株への投資は中長期保有していられる状態、
つまり株式市場全体が上昇局面にあるときにしか利益をあ
げることが難しいということがいえると思います。



もちろん、様々な分析手法を用いて適切なタイミングで
売買することで利益をあげることもできます。



しかし、このレベルに達した人はミニ株ではなく、普通株へ
の投資に移行すべきです。なのでミニ株への投資は上昇
局面にあるときにのんびりと行いたいものです。


【無料口座開設】 マネックス証券で株式投資をはじめる!



※ミニ株投資は自己判断・自己責任でお願いします。

ミニ株投資に関する記事の誤字脱字、内容の間違いを
含め、一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。


ミニ株が分かる株式投資入門トップへ






スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 売買手数料

ミニ株とは」の先頭へ
さらに詳しくしらべる


 検索例  
ミニ株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo
  • seo
ユーザータグ

ミニ株 株式投資 銘柄 ミニ株投資 普通株 相場 株価 投資 売買手数料 売却益 信用取引 個人投資家 配当 買い残 株主 資産運用 テクニカル分析 売り残 投資信託 初心者 ファンドマネジャー 株主優待 家計簿 お小遣い 東証 野村證券 短期売買 デイトレード 証券会社 運用資金 決算発表 外国人投資家 分散投資 

フリーエリア
薬剤師 転職
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。